医療系の転職にある二つの方向性の違い

 医療系で働く女性看護師はしばしば職場を変えて働くようになります。
その意味合いには二つの方向性があることを知っておくと良いでしょう。
一つの方向性は多くの女性が選ぶ道であり、結婚して家庭生活を送る際に仕事との両立を目指して行うものです。
通常の病院の常勤勤務をしていると家庭生活で家事や育児も行おうとしてしまうと両立するのが難しい場合が多く、日勤のみで働けたり、残業がなかったりする職場を求めて転職が行われています。
労働時間について勤務条件が緩められた時短勤務を採用している病院を選んだり、あまり現場が忙しくない近場のクリニックを選んだりするのが典型的です。
もう一つの方向性はキャリアアップを想定するものであり、新しい職場で新しいスキルの習得を行ったり、それまで積んできたキャリアを利用して活躍したりするのが主な目的となっています。
このような上昇志向を持っていると家庭生活との両立が難しくなりがちですが、家事を家族で分担したり、両親に育児を手伝ってもらったり、育児支援制度を助けを受けたりして実現を果たしているのが一般的です。
また、管理職への転職を行うキャリアアップを考えたり、キャリアアップのための支援を受けるために別の病院を選んだりする場合もあります。
この方向性の場合には将来のキャリアプランに応じて様々な職場が候補になります、一般的には大学病院や規模の大きな総合病院、専門病院が選ばれるのが特徴です。