女性が退職する時の理由

 女性が退職をする理由として一番自然なのは、結婚や出産です。
景気の低迷や男女共同参画社会などで結婚後も働き続ける場合もありますが、基本的には家を守り男性が働きに出るという家庭が多いです。
共働きでは家事も協力してやらなければなりませんが、主婦として家事をこなして夫をサポートすれば毎日は楽になります。
なので男性側は、共働きではなく主婦として家に残って欲しいと望んでいる割合が高いです。
また、女性は結婚だけでなく出産も控えているので、退職が現実的な選択となります。
市販では多くのミルクが売っていますが、子どもを健全に育てる為には母乳が不可欠です。
子どもを職場へ連れてくる訳にもいかないですし、母乳も定期的に与える必要があるので仕事との両立は不可能ではありませんが困難です。
ただ、昔は結婚や出産をして家に入ることが普通であり幸せでしたが、今はそれだけの人生ではありません。
男性顔負けの行動力で活発に人生を楽しむ方が非常に増えています。
つまり、退職をして自分で事業を始める場合もあります。
都市部で雑貨屋などを開店したり、時には田舎で農業を始めて泥だらけになるなどのケースがあります。
事業でなくても、短期で働きつつ趣味を楽しみながら全国を転々とすることもあります。
もちろん、会社や仕事が嫌などネガティブな理由で会社を去る場合も多々ありますが、女性はこのように結婚・出産や人生を楽しむ為に会社を去るケースも見受けられます。