病院とクリニックの働きやすさの違い

女性看護師にとって働きやすい職場はどこかという際に、医療系で働きたい人にとって最初の分岐点になるのが病院かクリニックかという点です。
将来を考えると結婚して家事を担うようになり、出産をすれば育児が必要になると考えると職場に求めたい点は多岐にわたります。
結論としては甲乙をつけるのは難しく、それぞれの違いを理解して自分にとって働きやすい職場を選ぶのが重要になるでしょう。
病院が優れているのは託児施設などの育児支援の福利厚生が充実しているケースが増えていることであり、病院内に託児施設があって24時間体制で運営してくれている場合もあります。
勤務時間が安定しない看護師にとっては有利な状況であり、そのメリットを考えると病院を職場として考えた方が良いでしょう。
一方、クリニックが優れているのは勤務時間が安定しやすい点です。
多くのクリニックでは診療時間が定められていてその時間と前後の決まった時間だけ働けばよく、時間内に終えられる仕事内容になっていて残業もほとんどありません。
土日に開いているクリニックが多くなった影響を受けて土日勤務になる場合もありますが、安定して週休二日を取りやすいのもメリットとなります。
個々の待遇については職場ごとに判断しなければならないものの、病院とクリニックの全般的な傾向はこのようになっています。
医療系で働きたい女性看護師は育児支援をとるか勤務時間をとるかでまずは考え始めると良いでしょう。
看護師の転職は比較的にしやすく経験があれば就職が決まりやすいため今やりたいこと、今学びたい現場で働くことを選んでもいいかと思います。
今の自分が働きやすい職場、将来の自分が働きやすい職場は違うはずなのでその時その時でしっかりと考えるといいかもしれません。
〈参考サイト:働きやすい職場に転職を